2006年12月24日

シリラート病院 解剖学博物館 (Siriraj Hospital) - バンコク/タイ (2006.9-10 父一人旅アジア周遊46)

大腸洗浄で身も心も軽くなった私は、病院をハシゴしたい気分になった。


「もう一軒行こうじゃないか!」だ。といってもう飲みたい訳じゃ、いや、治療を受けたい訳じゃない。見学だ。バンコクノイ(トンブリ)駅の隣にはその筋では有名な「シリラート病院」がある。

sirahos_recpt.jpg

----------------------------------------------------------------

 

シリラート病院 解剖学博物館 (Siriraj Hospital) - バンコク/タイ
(2006.9-10 父一人旅アジア周遊46)




大腸洗浄で身も心も軽くなった私は、病院をハシゴしたい気分になった。


「もう一軒行こうじゃないか!」だ。といってもう飲みたい訳じゃ、いや、治療を受けたい訳じゃない。見学だ。バンコクノイ(トンブリ)駅の隣にはその筋では有名な「シリラート病院」がある。

日本人の多くはここを「シリラート」と呼ぶ。ちなみにタイ語は省略するとして、英語名は "Siriraj Hospital" だ。発音も「シリラート」とはあまり聞こえない。多分、日本で最初にここを紹介した有名ガイドブックのせいなのだと思う。まぁぐだぐだ言っても始まらないので、ここでも「シリラート」と呼ぶことにする。定着してしまったんだからしかたがない。「カシノ」を「カジノ」と呼ぶようなものだ。



ここは一部に「解剖学博物館」として名高かった。
その充実ぶりは、ボストンのプラスティネーション標本どころではない。ボストンの標本は日本にもやってきた「人体の不思議展」とかなんとか言っていたが、シリラート病院にくると「あんなものは子供騙しだ」などと偉そうに言ってしまいたくなる。



我が家とここのおつきあいはもう10年以上になる。

まだ博物館が医学校の4階にあった頃、未整理の標本がその辺にホルマリン漬けになっていた頃からだ。

長男がその辺に置いてあった標本の水槽に手を入れ謎の内蔵を掴もうとしたり、3階の解剖教室に招待されて医学生と一緒にビニール袋に入れたコーラを飲みつつ胸部-頭部の解剖を見学したりと、悪夢のような思い出がいっぱいある。それでもつい毎年来てしまう我が家も我が家だが。



ここに行くには、ワットプラケオ近く、タマサート大学入り口裏の "PHRA CHAN" という船着き場から渡し船に乗るのが楽しい。2バーツ/3分の船旅だ。

sirahos_boat.jpg

sIrahos_boat_sign.jpg




対岸のバンコクノイ駅に着くと、その左側がシリラート病院だ。
試しに警備員に「博物館はどこですか」と聞いてみると良い。"Wh… " と言った時点で指を指してくれる。ここに来る外国人のほぼ100%が博物館目当てなのだ。日本語の案内もある。

sirahos_jap_sign.jpg



以前 Siriraj の敷地内には複数の博物館が点在していた。
しかし、解剖学博物館、タイ人に人気だった犯罪博物館(シーウィ)、そして寄生虫博物館が新しい建物にまとめられ、"Siriraj Medical Museum" という1大アトラクション博物館になった。

今まで無料だったものがB40の入場料を取るようになってしまったが、代わりに3館まとめて見学できるし冷房は入ったしで、私には快適だ。ここにくると謎の冷や汗がいっぱい出るのだ。最近は津波の被害などもリアルに再現してくれていて、ますます冷や汗が増える。

sirahos_recpt.jpg


内部は撮影禁止だ。

しかし、どこにも猛者がいて、ここの展示物をサイトにアップしている。どうしても展示物の一部を見てみたいという人は、下のURLをクリックすると良い。
(* 人によってはかなり不快です。関心があるかただけクリックをどうぞ。)

http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&q=%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&q=siriraj&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

まぁこういう場所だ。



人体・解剖学というものを、ここまで身も蓋もなく展示している博物館は、私は他には知らない。ボストンなどはもちろん、あの中国・北京の科学博物館でさえ、もう少し抑えている。

そういう意味では、ここは「世界で唯一」の博物館かもしれない。



Siriraj Medical Library
Mahidol University
Siriraj Hospital, 2 Prannok Road, Bangkoknoi
Bangkok, 10700 Thailand
Phone: 66-2411-3112, 66-2419-7635, 66-2419-7637
Fax: 66-2412-8418
Website: http://www.medlib.si.mahidol.ac.th
Email: Siriraj Medical Library - silib@diamond.mahidol.ac.th
Email Chief Librarian : Porntip Anaprayot - lipan@mahidol.ac.th





ランクアップを楽しみに書いています。よろしかったらぜひクリックをお願いします ^^ 人気blogランキング banner_02.gif

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 旅行ブログ