2006年12月21日

"焼きしゃぶ"食べ放題 大同門 - バンコク/タイ (2006.9-10 父一人旅アジア周遊43)

バンコク・スワンナプーム空港から、旅行者に一番使いやすそうな 551番のバスに乗り、戦勝記念塔(Victory Monument)まで向かう。途中道路の多くで高速を通るのでなかなか速いし、戦勝記念塔周囲はちょっとしたバスターミナルになっている。BTSの駅もあるので、何かと便利だ。


サイアムスクウェアやスクンビットなどとは違い、このあたりはバンコクの下町だ。高層ビルやオシャレな店はあまり多くはないが、庶民的なショッピングモールや雑居ビルはたくさんあり、値段もやや安めだ。そんなビルの1軒で「大同門」を発見した。

daidoumon_tabele.jpg

----------------------------------------------------------------

 

"焼きしゃぶ"食べ放題 大同門 - バンコク/タイ
(2006.9-10 父一人旅アジア周遊43)



バンコク・スワンナプーム空港から、旅行者に一番使いやすそうな 551番のバスに乗り、戦勝記念塔(Victory Monument)まで向かう。途中道路の多くで高速を通るのでなかなか速いし、戦勝記念塔周囲はちょっとしたバスターミナルになっている。BTSの駅もあるので、何かと便利だ。


サイアムスクウェアやスクンビットなどとは違い、このあたりはバンコクの下町だ。高層ビルやオシャレな店はあまり多くはないが、庶民的なショッピングモールや雑居ビルはたくさんあり、値段もやや安めだ。そんなビルの1軒で「大同門」を発見した。


「大同門」は「焼きしゃぶ」食べ放題の店だ。

もともと焼き肉食べ放題だけだったのだが、いつの間にか鉄板の形状が変わり、焼き肉としゃぶしゃぶが食べ放題になった。もっともしゃぶしゃぶと言っても日本のものとは違う、タイ風のしゃぶしゃぶだ。"COCA"や"MK"の「タイスキ」だと思えば間違いない。店はタイ国内のあちこちにある。


この店ではメンバーカードを持っていると、一人あたりB20前後安くなる。
我が家は5人家族なので、1回行くと100バーツの節約だ。カードを作るのには数十バーツかかるが1回で元が取れるので毎年更新しており、カードは常時手元にある。

daidoumon_card.jpg



さて、この店にもアラカルトはあるが、それでは割高になってしまいもったいない。ここは基本の食べ放題を選ぶ。店や時間帯によって価格は様々だが、一人おおよそB80からB150の範囲だ。これで食べ放題メニューの肉・魚・野菜等は好きなだけ、またデザートのアイスクリームも自由に食べることができる。その他キムチ、ご飯、ガーリックライスなどもある。ラオスで貧困性ベジタリアンになりかかっていた私は、無節操に「あれもこれも」と注文する。



「生意気に」と言っては失礼だが、鍋は炭火だ。

daidoumon_sumibi.jpg


ここにバーベキュー焼き網としゃぶしゃぶ鍋が合体した、不思議な形態の鉄板を設置する。鉄板周辺の「鍋の部」にはスープを入れてくれる。

daidoumon_soup.jpg



少しすると、注文した肉、海産物、野菜などがテーブルに並ぶ。我ながら節度のない量だ。

daidoumon_tabele.jpg


これを焼いたり煮たりしつつ食べる。ビールを飲みつつ、節操なく食べる。ちなみにこの店ではソフトドリンク飲み放題のメニューもあり、タイ人の多くはこれを注文している。ビールはまだタイでは比較的高価なのだ。

daidoumon_yaku_niru.jpg




我が家に私の代から伝わる食べ放題のマナーに従い、限界のちょっと上、少し後悔するほどの量を胃袋に詰め込む。「さすがに食べ過ぎたかな」と後悔したころ、ウェイトレスのおねーちゃんが笑顔でアイスクリームを持ってきてくれた。基本的にはセルフサービスなので、これはおねーちゃんの好意だ。こういうところがタイ人らしい。

本当はもう何も食べたくなかった。しかもアイスクリームにはシロップまでかけてある。ちょっときついけれど、わざわざ持ってきてくれたウェイトレスの笑顔は裏切れない。完食する。

daidoumon_icecream_up.jpg



こうして今回もちょっと後悔するくらい満腹することができた。
タイに来るたびこの種の食べ放題で頻繁に後悔しているのだが、そろそろ自分のライフスタイルを見直さなければ成人病が待ち受けている気がする。



ランクアップを楽しみに書いています。よろしかったらぜひクリックをお願いします ^^ 人気blogランキング banner_02.gif

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 旅行ブログ